• お決まりの感謝は、無いほうがいい

人はある問題を抱えたとき、解決策を導き出そうとします。真面目な人ほど、答えを出そうとします。でも、その解決策は、ある前提があって導き出されたものだと思います。その前提が間違っていると、問題は悪化してしまうのです。要するに、常識や固定観念、先入観や世間体などの中から解決策を導き出しても、それが最善の答えではない場合があります。でもそうやって考えてしまう人が多いのが確かです。もっと俯瞰的にものごとを見つめることができるようになると、悩みや問題も本当の意味で解決できるようになるんです。何かに縛られてた思考ではなく、広い視野で自由な発想で考えられうようになると、もっと気楽に生きれるようになると思います。